”タグ”とは

ウェブ上にHTMLで記述されたドキュメントは、その内容(コンテンツ)を開始タグと終了タグによって挟むことで要素(エレメント)として成立します。って言われても、分からない人にはサッパリ理解できない内容ですよね。
ホームページの設定情報|au one net 会員サポート

ウェブ上ではさまざまなサイトが、タグを含むHTML要素に関する具体的な解説を紹介しています。しかしそれらの解説も基本的な知識が前提になっているために、本当の初心者にとっては難解な印象を受けるようです。

そこでホームページ制作 仙台ここでは、ある程度の概略をふまえた上で、特に「タグ」について基本的な部分を解説していきます。これを読み終わった後、この文章の最初の内容がスッとわかるようになって、他のサイトの解説の理解にも役立ってくれたらと思います。

あなたのサイトに訪問した人は、例えばあなたが書いた「文章」を読んだり、「画像」をみたり、「リンク」をたどって別のページへ移動したりします。しかしこの「文章、画像、リンク」といった内容(コンテンツ)が正しく機能するために、あなたはHTMLで指示を出さなければなりません。

この命令そのものがいわゆる「要素(エレメント)」であり、要素の組成や属性を決めるのが「タグ」というわけです。例えばホームページ制作 仙台こちら文章が「太文字」なのも、画像の「サイズが調整」されているのも、リンクが「リンク先を特定できる」のも、すべてタグの働きによるものなのです。

見える部分だけではありません。タグは「ある文章が全体の中でどういう立場であるか」も規定することができます。直接見えない事柄であっても、運営上の管理の利便性や検索サイトの最適化といった意味合いで、タグの果たす役割は絶大なのです。
FTPの設定について : 個人ホームページ / BIGLOBE

タグが出した指示は、そのままにしておくとずっと影響しつづけます。タグに頭と尻尾があって、頭が出した指示を尻尾が打ち消しているのはそのためです。

ウェブ上のサイト(俗にホームページとも呼ばれる)に記載されている事柄は、文章であれ画像であれ、そのほとんどが「CSS(スタイルシート)とHTMLが組み合わさって表示」されています。CSSは表示内容の「見た目」を一括管理する一方、HTMLは内容や構成の全てをサイト上に表示「させて」います。このHTMLの手足となって働くのが双子の兄弟「開始タグ」と「終了タグ」というわけです。

タグはサイトを構成する基本単位であり、HTMLの自由度を支える手足です。「タグを自在に使いこなすことでサイトを自在に構築できる」と言っても過言ではないでしょう。
cafe-guinho_html