日本の結婚

cafe-guinho_結婚結婚するということはどういうことなのでしょうか。別段難しい哲学的なことを考えるのではありませんが、日本では、結婚というのが単に本人同士が好きで、一緒にいたいから結婚するというのを決めて、すぐに結婚しましたという訳にはなかなか行かない現状があります。

陶器といえば唐津焼とか信楽焼きなんていう有名焼物にも心惹かれますが、このあたりはちょっと渋めみたい。
一生使えるお茶碗が欲しい

やっぱり、私たちのような若い2人が夫婦茶碗として使うなら、シンプルだけど爽やかな色合いの夫婦茶碗がいいかな。


まずは、本人同士が結婚しようと決めるのは大前提になりますが、では、そのように決めた後に、どんな事が待っているかというと、なかなか大変な道のりがあります。

男性側、女性側共に両親なり、父母のどちらかなりが、健在の場合が多いと思います。そうすると、お互いの両親なりに、結婚の報告であったり、相手の紹介で合ったりという事をするのが、礼儀として必要になります。もちろん中には、籍までいれてから、結婚しましたという報告をする人もいるでしょうし、子供が出来てしまったから、そんな順番をどうこう気にしている暇もなく、入籍して結婚しないといけない場合もありますが、だいたいの場合は、この両親との顔合わせというべきものが待っています。

結婚相手に対する希望
そして次に、両親同士の顔合わせもあります。お互いの両親を伴って、こういう家の方と結婚しますという挨拶があります。それが終わって晴れて、結婚を了承してもらったという事で、結婚式の準備や、新婚旅行の準備などを始める事になります。

HTMLを理解するには、まずタグの意味を覚えるのが先決ですし、
タグの意味を覚えましょう
それが重要なのです。最初は誰もわからないでしょう。でも、「これってこういう事だったんだ」とわかってくるうちに段々と楽しくなってくるものですよ。

しかし、この段階でも、厄介ごとがあります。結婚式・披露宴をする場合に誰を呼ぶのか、何人ぐらい呼ぶのか、お互いの招待者のバランスはどうするのか、会社関係の人も呼ぶのか自動車を輸出する際の関税はどうなるかなどなど、これを決めるだけでも中々の気を使う作業になります。両方とも交友関係が広い場合や、狭い場合は、意外とすんなりと決まるものですが、このバランスが極端に違うと、招待する人数や構成の調整で一苦労します。

このように、日本で結婚という事になると、本人だけの思いで楽しく決まるものではなく、未だに家と家との結婚という観念が根強く残っていますので、今まで体験した事の苦労が出てきます。しかし、それを乗り切れば新たな生活が待っていると考えれば、たいしたことでは無いのかもしれませんが。